Dartはクライアントサイドだけじゃ無くてWebアプリのバックエンド(実際このブログもバックエンドはDart/Aqueduct)にも利用できます。
さらにCLIツールも簡単便利に作成できます。

今回CLIツールを作る流れで、ターミナルに文字列を出力する際のスタイリング方法を調べましたので簡単に使い方をまとめます。

main() {
    String str = "Welcome to Dart lnag!";
    String output = styling("1", str); // bold
    output = styling("5", output); // blink
    output = styling("34", output); // font: blue
    output = styling("47", output); // background: light gray
    print(output);
}

String styling(String style, String text) {
    const String ESC = "\u{1B}";
    final String start = ESC + "[${style}m";
    final String end = ESC + "[0m";
    return start + text + end;
}

実行すると以下のようになります。

dart-cli-color.gif

その他

ちなみに、vimのQuickRunで実行した結果では、^[[46m^[[5mhoge^[[0m^[[0mのようにエスケープ文字自体がエスケープされて正しく表示されませんでした。

あと今回画面キャプチャ(GIF)を撮るのに、Peekというのを入れてみました。
コレはお手軽で非常に良いですね!ブログ書く際に大分表現力が上がりそうです。

参考

以下のライブラリのソースを参考にしました。
colorize