基本的にSQLはpsqlでアレコレする派ですが、やっぱりちょっと長めのSQL書くのシンドい。。。ということで数年ぶりにpgAdminをインストールしてみました。

aptでインストール

みんな大好きapt。
基本的に公式ドキュメントどおりです。
pgAdmin 4 (APT)
ただ気をつけないといけないのが、手順内で

$(lsb_release -cs)

が利用されています。DockerをMintにインストールする時でもお馴染みの罠ですね。
Linux Mint 19.3はUbuntuでいうbionicに該当します。

なので、上記公式ページの手順は以下のようになります。

curl https://www.pgadmin.org/static/packages_pgadmin_org.pub | sudo apt-key add
sudo sh -c 'echo "deb https://ftp.postgresql.org/pub/pgadmin/pgadmin4/apt/bionic pgadmin4 main" > /etc/apt/sources.list.d/pgadmin4.list && apt update'
sudo apt install pgadmin4

これでインストール完了です。
後はメニュー等からpgAdminを起動すれば使えます。

ちなみに、pgaAmin4ではデフォルトでWebサーバが起動して、WebアプリケーションとしてpgAdmin4が提供されているようです。
公式手順にはデスクトップアプリとWebアプリ両方がインストールされると書かれていましたがWebアプリバージョンしか見つかりませんでした。

スクリーンショットとか

メニューから起動すると普通にWebアプリケーションとして起動します。
初回はpgadmin自体のパスワードを決定するポップアップが表示されます。
/images/blog/pgadmin4_1.jpg

今まで同様DBを登録
/images/blog/pgadmin4_1.jpg

使い心地は以前のpgAdminと変わりません。
逆に、見た目がかっこ良くなって良い感じです。
各種サーバのアクティブティもリアルタイムに更新されていて便利です。
/images/blog/pgadmin4_1.jpg

SQLクエリツールは、ctrl + spaceで補完メニューが出ます。
実行がF5なのはWebアプリとしてちょっとどうなの?と思いますがまぁ慣れだと思います。
/images/blog/pgadmin4_1.jpg