ダウンロードとインストール

リポジトリ経由で、yumとかapt-getでインストールできるようですが、それだと基本的にその時点で最新のものがインストールされてしまいますし、バージョン間で動作が違ったりした際に各バージョンを切り替えるのが面倒くさいです。
なので今回は自分でビルド済みのものをダウンロードしてインストールします。
Dart SDK Archive で、2.1.0(Linux/64bit)をダウンロードしました。
ファイル名はdartsdk-linux-x64-release.zipとなっていました。解凍するとdart-sdkというディレクトリになりました。

ディレクトリ名をdart-sdkからdart-sdk-2.1.0に変更して、以下のパスに配置しました。

/home/koji/opt/dart/dart-sdk-2.1.0

次に、メインで利用するDartを簡単に切り替えられるようにシンボリックリンクを貼ります。

ln -s /home/koji/opt/dart/dart-sdk-2.1.0 /home/koji/opt/dart/dart

これで/home/koji/opt/dart/dartが出来上がりました。
あとはパスを通せばいいので、私は~/.zshenvに以下のように追加しました。

export DART_HOME=$HOME/opt/dart/dart
path=(
    ... 省略...
    $DART_HOME/bin
    $path
)

これでsource ~/.zshenvするなり新しいターミナルを開けばもうDartが使えるようになっています。

[koji:~]$ dart --version
Dart VM version: 2.1.0 (Tue Nov 13 18:22:02 2018 +0100) on "linux_x64"
[koji:~]$

ちゃんと動いていますね。

あと、公式で提供されているDart用vimプラグインが有るようなので、それも導入しました。
Dart Support for Vim

私はvimのプラグインマネージャはNeoBundleを利用していますので、.vimrcに以下の一行を追加するのみです。

NeoBundle 'dart-lang/dart-vim-plugin'

Hello world

以下のファイルを用意します。
/home/koji/code/dart/hello/hello.dart

中身は以下のようになります。

main() {
    print('こんにちわ世界');
}

実行するのにコンパイルは必要なく、単純にdartコマンドにファイル名を渡すだけで良いようです。

[koji:hello]$ pwd
/home/koji/code/dart/hello
[koji:hello]$ dart hello.dart 
こんにちわ世界
[koji:hello]$

これでローカルでDartの開発を行う環境が整いました。
なお、vimプラグインを入れておけば、quickrun.vimからDartを実行できようになりますし、シンタックスハイライトも効くようになるので、vimで開発される方であれば入れておくと色々幸せになれそうです。
(理由はわかりませんが、dartコマンドで実行するより、vimのquickrun経由で実行するほうが実行されるまでの時間が早いように感じます)

公式の言語ドキュメントを見ているとDartPadというオンラインのDart実行環境が用意されていてそれを利用していますが、やっぱり手元に実行環境がないと色々面倒くさいな、ということで自前でDartをインストールしてみました。

Dart2とFlutterの登場、そしてモバイルアプリ用のフレームワークであるFlutterをWebアプリケーションに変換するプロジェクトの発表など、Dart界隈が賑わってきそうな感じがしています。